2010年10月28日

革のデザイン

みなさんおはようございます晴れ


昨日の朝には一面真っ白だった北海道でニュースにも取り上げられていましたが、お昼には道路に積もった雪もすっかりなくなってしまいました。

本格的な冬はまだ少し先のようですが、もっと開きに頑張ってもらいたいと願っているよしパパです。


さて今日は、参考書第二弾ぴかぴか(新しい)

前回紹介した革の技法―楽しむための基本集のしばらく後に購入した本です。




革のデザイン―縫う・染める・編む・結ぶ

DVC00006.JPG


「クラフト学園研究室」、「日本ヴォーグ社」となると、どうしても買ってしまいたくなるよしパパですぴかぴか(新しい)

書いてある内容は革の技法とそんなに変わらないかな。。。若干技法についてレベルはアップしている気がします。

・革を薄くする
・ミシンを使う 

etc


でも、正直自分では、革の技法で事足りるかと感じます。

掲載されている作品がまた違うので、そちらに興味があれば購入しても良いかと思いますが。


中身は↓
DVC00005.JPG


参考にして作ったのは名刺入れ(2年ほど前)↓
DVC00004.JPG


カービングは花柄にして、写真を撮らずにすぐに渡してしまったので、画像はないのですが今でも使ってくれているようです。

自分は田舎にいて習いに行くという事ができないので、こういう本で勉強というか見ていくことが多いのですが、もし近くでレザークラフトの教室などあれば、ぜひ参加してみてくださいexclamation


いい刺激にもなり、勉強にもなり、作品の幅が広がります。



革のデザイン―縫う・染める・編む・結ぶ

革のデザイン―縫う・染める・編む・結ぶ

新品価格
¥1,365から
(2010/10/28 03:56時点)


posted by よしパパ at 04:17| Comment(0) | 参考書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。